こねこね倶楽部

パテをこねこね・・・。 まったりと造形記事を中心にUPしていきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんちゃってデジタルモデリング

もうお気付きの方もいると思いますが、ジーライン制作にはデジタルツールが導入されています。
といっても、始めたばかりで手探り状態のため、手で作った方が何倍も速かった気がしないでもありません。

とりあえず、どこで使用されているかの紹介です。

まずはシールドから。
rx-81 製作中_0
3DCGでざっとモデリングをします。
次にプラ板で箱組みするために、展開させたものが、これです。
rx-81 製作中_1 
これを切り抜いて、実際に箱組みしたものが前回の画像です。
※箱組み後、かなりディティールアップしていますがw

で、シールド同様、各モールドもCADを使用しています。
rx-81 製作中_2 
足裏やスカート類以外は、どこで使われているか、さっぱりわからないかもしれません。
基本0.3mmのプラ板をクラフトロボで切り出していますが、切り出し後に厚みをヤスリで調整しながら使用しています。


そんでもって、今回の目玉(?)
手作業のほうが間違いなく早かった工作がこれです。
rx-81 製作中_3  rx-81 製作中_6 rx-81 製作中_7
スタンダードアーマー用パーツは、ほぼ3DCGで書きました。
基本フレームとライトアーマー用パーツは手作業で作ったため、デジタルデータが無く、全体のバランスと接続部の刷り合わせが、画面内では出来ず、パーツが出来上がってからの調整でした。
そのため、半分以上のパーツが切った貼ったの修正または、再モデリングする羽目になりました。

出力は光造形出力なんて大金はないので、昨年導入したimodelaにがんばってもらいました。
rx-81 製作中_4 rx-81 製作中_5
両面切削もなんとか習得できましたが、機械精度がイマイチのため、±0.5mmの誤差は覚悟したほうがよさそうです。
また、出力には途方も無く時間がかかるため、計画的に行わないと待ち時間が膨大になります。

とまぁ、こんな感じで、機械に使われながら完成目前になったジーラインです。
関連記事

| ジーライン | 23:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは、、、、もしかして?お久しぶり?ですよね、、、間違っていたら申し訳ありません、ZⅡ、MK3の原型を観て「!!」と、きました。

いやージーライン、(キャラクターの立ち位置は知らなくてもうしわけありません)、最高です、造形センスに感動、これからもちょくちょくお邪魔させていただきますね。

■ワタシの方は相変わらず共働きで毎日バタバタしています。それでも何とか模型を触る時間は確保しています。いいわけになっちゃうんですがキャラホビへの復帰はまだ先になりそうです。

| KOBA. | 2012/07/01 00:13 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>KOBA.さん

お久しぶりです。正解ですよw

ジーライン、やはり知らないですかぁ。
マイナー機なんで、しょうがないですね。

アマディーラーが年々過疎化していく様な感じで寂しいので、復活楽しみに待ってます。
当ブログのご訪問もお待ちしております。
それでは、今後ともよろしくお願いします。

| 31046(satoshiro) | 2012/07/01 03:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://konekone31046.blog59.fc2.com/tb.php/29-8c050282

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。